九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

すべての記事一覧241-250件(全256件)

徳田 和嘉子 インタビュー
INTERVIEW
2012.11.01

徳田 和嘉子 インタビュー

“特異な経験や経歴は過去の話。 今は結果を出すことが最重要課題。” ——放送業界のトップやその周りにいる人の多くは、その道のベテランというか年配の方々で固められていますよね。そんな中、女性でまだ20代の徳田副社長は、かなり異色なのではないでしょうか。 徳田和嘉子(以下、徳田) その通りだと思います。先日大分で開かれた放送業界のトップが集まる会合でも、ほとんどの方がご年配の方でした(...

並木 裕太 インタビュー
INTERVIEW
2012.07.01

並木 裕太 インタビュー

“最初に相談してもらえる 「ステップ・ゼロ」の存在を目指す” ——『ミッションからはじめよう』を読ませて頂いたんですが、ご本人が実名で出演なさっているんですね。 並木裕太(以下、並木) いけ好かないコンサルタントとしてね(笑)。 ——まず、この本を書くきっかけからお話ししてください。 並木 きっかけは10年ほど務めていた会社での実績を振り返ったときです。 入社当時か...

猪子 寿之  インタビュー
INTERVIEW
2012.07.01

猪子 寿之  インタビュー

“情報社会で日本の非実在文化が優位に立つ。” 日本のテクノロジーの遅れや、産業の衰退を指摘されることが多い昨今。 しかし猪子氏は、世界が情報社会へと進んでいる現在は日本の文化こそ優位になると唱える。 時代の寵児・猪子寿之がプロセスの中で見つけた、文化とテクノロジーの接点に迫る。 ——まずは、『teamLab』という組織をどのような想いで設立されたのか伺わせてください。 猪...

篠山 紀信 ラストボンド
INTERVIEW
2012.07.01

篠山 紀信 ラストボンド

“人生に良い時代なんてものはない” 常に時代とコミットし、今の姿を映し出す稀代の写真家・篠山紀信。 そんな篠山氏も写真家として今年で50年目を迎えた。 氏が50年間かけてファンイダーを通して見た人生とは、 そして時代とは、どんなものだったのだろう。 以下、篠山氏 ー 僕が写真家を目指したのは、第一志望の大学受験に失敗した時。 普通ならそこで浪人するんでしょうけど、何のために...

小森 陽一 インタビュー
INTERVIEW
2012.07.01

小森 陽一 インタビュー

“覚悟とは「だって……」がない状態を意味する。” ——小森作品の多くは「覚悟」を決めた人が題材となっていますが、何か理由があるのでしょうか。 小森陽一(以下、小森) ハードな作品を書いた後、恋愛小説を書く作家さんもいらっしゃいますが、僕は書けないんですよ。恋愛モノは恥ずかしくて(笑)。だからカッコイイと思える題材を追うんですが、そうすると自然と海保(海上保安庁)のような極限状態で活躍...

鎌田 和彦 ラストボンド
INTERVIEW
2012.04.23

鎌田 和彦 ラストボンド

“失敗した方が人生面白い” 景気の停滞や政治不信に伴い、消費が低下している昨今。その影響は今までショッピングを楽しんでいた世代にも及び、ショッピングのスタイル自体が変化してきた。福岡のストリートの代表格・大名の現状もショッピングスタイルの変化によるものと考えられるだろう。 10年ほど前までは、大名の隠れた名店でファッションアイテムを探すことがオシャレのステータスだった。しかし現在では、...

中岡 生公 インタビュー
INTERVIEW
2012.03.21

中岡 生公 インタビュー

“創業90年。和菓子の名門を率いるリーダーの信条は、自然体。” ——鈴懸と言えば、和菓子ブランドの中でも突出した存在ですが、歴史を守り、伝統の技を継承して行く上での苦労などはありますか。 中岡生公(以下、中岡) 言葉で説明するのは難しいですね。私は今から20年ほど前に鈴懸の一員として加わりましたが、受け継いで行くべきものは何か? ということは、先代や先々代、職人達の背中を見ながら自然と...

北方 謙三 インタビュー
INTERVIEW
2012.03.01

北方 謙三 インタビュー

“敗北感を知らない奴は、真の勝者にはなれない。” ハードボイルド小説界の巨匠であり、近年では歴史大作も手掛けるなど、 多方面で活躍を続ける北方謙三氏。 本誌編集長たってのラブコールが叶い、待望のインタビューの場が実現した。 ——本誌の読者層は30〜40代が中心。それなりの役職を任され、自身の決断力が求められてくる年齢です。ただ、中には努力に見合った成果が得られず苦悩したり、頑張...

戸次 香織 インタビュー
INTERVIEW
2012.03.01

戸次 香織 インタビュー

“目の前のミッションで結果を出すこと。それが起業への道標となる。” ——まずは、起業のきっかけを教えてください。 戸次香織(以下、戸次) 以前在籍していた大村(美容専門学校)の一つの事業として、美容アイテムの開発・販売のセクションを立ち上げたのがきっかけです。立ち上げ当初は、この事業で不振だった経営を支えることを目的にしていたのですが、いざ始めてみるとシュミレーションよりも少し上手くい...

細川護煕 ラストボンド
INTERVIEW
2011.11.25

細川護煕 ラストボンド

“人が変われば、街も変われる” 地方都市が発展して行くためには? という類いの話になると、地元産業の活性化や企業誘致の推進、といった意見が必ず出てきますが、果たして、考えるべきはそれだけでしょうか。現代はもう大量生産、大量消費の時代ではありません。そろそろ、人間が生きて行くために本当に必要な文明や豊かさとは何か、ということを根本的に考えなければならない時期に差し掛かっているはず。先の震災は、...