九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

あなたの「COLLATERAL BEAUTY」は? CULTURE

あなたが洋画を観るとき。

その映画の本国での原題は調べますか?

邦題がわかりやすい時ももちろんあるけれど、原題を知るともっと味わい深くなることもあるし、結構面白い。

そして、自分ならどんな題名にするか考えるのも楽しい。

 

今回ご紹介する「素晴らしきかな、人生」の原題は「COLLATERAL BEAUTY」。

「COLLATERAL」とは英語で「付帯的な」「二次的な」という意味の形容詞。

かつて映画の題名になった、「Collateral damage(巻き添え被害)」なんて使い方をします。

 

主人公はウィル・スミス演じる広告代理店社長のハワード。

ニューヨークで輝かしい成功を収めて、素敵な人生を歩んでいましたが、愛娘を亡くしたことで彼の人生は一変。

生きる気力もなくしてしまいます。(そりゃそうだ)

そこで、会社を一緒に立ち上げた創業メンバーが、どうにか元気づけてあげようと画策。

ハワードの前に3人の舞台俳優が現れ始めたことで、少しずつ彼に変化が…というお話。

最後はハッピーエンドだから安心してください。

 

見どころは、ウィル・スミスの栄光→どん底の変わり様。冒頭10分ぐらいのところです。

「栄光」期間のシーンで、堂々とプレゼンする姿は「素敵」以外の感想が出てきません。

「憧れの上司」を絵に描くとこうなるのか!という感じです。

この映画の中では「COLLATERAL BEAUTY」のことを「幸せのおまけ」と表現されています。

見ればわかるけど、素敵な訳!

ハワードが自分を取り戻す過程で、思いがけず気づいた幸せや、いいこと。

このどん底がなければ、知りえなかった身近な幸せ。

 

お子さんをお持ちの方は「想像もしたくない!」な設定だと思いますが、そこを何とか見てみてください。

「今日は、早く帰ろうかな」とか久々に思い始めると思います。

よくある話と言わず、身近な幸せを再確認するのもたまにはいいのでは。

 

私が邦題つけるなら、「泣きっ面に蜂」と「棚からぼた餅」を併せた、

「泣きっ面にぼた餅」かな。(ダサいけど)

 

©2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., VILLAGE ROADSHOW FILMS NORTH AMERICA INC.

AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT, LLC

 

『素晴らしきかな、人生』/2月25日(土)公開

■キャスト:ウィル・スミス、ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレン ほか

■監督:デヴィッド・フランケル『プラダを着た悪魔』 製作:マイケル・シュガー

Sassy
Sassy

記事一覧

BOND GIRL