九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

【コヤナギブログ】映画「ダンケルク」を観た!戦争映画を人に薦めるのは初めてかもしれん! 編集長ブログ

映画「ダンケルク」を観た。

ん?戦争映画?
あいにく私は、戦争映画は観ないので・・・・・

で、済まさないで欲しい映画だから、ここに書く。

 

僕が子供のころ、親父と観ていた「戦争映画」は、
アメリカ軍が、憎っくきナチスドイツを、どっか〜ん!とやっつけて
「アメリカ万歳」な感じで終わる映画が多かった。

その後、「プライベート・ライアン」に代表されるような
ヒリヒリとするリアルな戦闘に、体は銃弾で飛び散り、
そこには、戦争の悲惨さと無力感がたくさん描かれた。

そして、現在、最新の「戦争映画」である、

「ダンケルク」は、どうか?

 

まず、監督が「クリストファー・ノーラン」。天才。

これで、映画代:1800円中、1000円位は、確保!(笑)。

 

個人的には「ダークナイト」でヒーロー映画のレベルを、
尋常じゃない位にブチ上げたこと。

何回も観たくなるヒーロー映画は、なかなかないなと。

そして、次の「インセプション」。
夢の中に侵入し、情報を盗むと言うとんでもない設定!
夢の中の時間は、現実の20倍のスピード・・・つまり、現実の10時間は、夢の第一階層では1週間。
さらに、夢の中の人の夢の中(第2階層)では、6ヶ月。そのまた夢の中では、10年が経過する・・・
と言う、もう監督大得意のルール!
面白すぎました。

「あぁぁぁ・・・この人は、とてつもなく頭がいいんだ。」

と言うことに、どう考えても気づくしかなかった。
先日も、「NETFLIX」で見直したら、また発見があった。

 

 

そんでもって、だめ押しが「インターステラー」。

もう、もはや完全に「次元が違う」頭の中が、僕には羨ましくさえなった映画。

異常に乾燥が進み、疫病が蔓延し始めた地球。
人類の新しい移住先を探す計画に関わる一人の父親の話。
普通のパターンであれば、宇宙人だの、機械人間だの、エイリアンだのと、
飽くなき戦いの果てに・・・と言うところだけど、
ノーラン監督の相手は違った。
これまた、宇宙の時間。次元。重力の違いで、時間の経過が違うと言う恐怖。

ある星で、3時間活動して母船に戻ったら、23年経っていたことに気づいた時のショック!
「浦島太郎」は、高度にノーラン的なおとぎ話であったことを思い知ります。

非常に濃密な映画です。
描いているのは、父親の愛なのです。

 

で、2017年。
ノーラン監督が「実話の戦争映画」を作ったと。

「インターステラー」で、5次元の世界とか行ったとはいえ、
ものすごい現実の題材を選んだものだ!と。
あまりにも、現実に戻りすぎだろう?と。

驚いたけれど、
何をメッセージしたくて、この題材を選んだのか?と思って観に行きました。

結論は、

大いなる生きる希望でした。

 

 


(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

え?

ありふれてますか?

 

けど、戦争映画で「大いなる希望」を感じて、
劇場を出られることって、
あんまりなくないですか?

ドイツ軍に完全に包囲された「ダンケルク」と言う海辺の街に追い詰められた
英仏軍、40万人。
こんなチラシが、町中に降り注いでいます。
降伏しろ!って。


(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

これは、実話で、この映画は、この40万人を救うための、
激しい「撤退戦」の一部始終を描いたものです。

この戦争映画には、一人も「異常な戦闘能力」を有している人は出てきません。
体がバラバラになり、むごたらしく死ぬシーンなどは、ありません。
ベトナム帰りの凄いやつ!なヒーローも出てきません(ベトナムより前やっちゅーに)。
ついでに、英米軍万歳!的な壮大なテーマソングもなりません。
そして、上映時間が、1時間46分しかありません。

 

けど、
「観たことない戦争映画を観た・・」
と思うことでしょう。

 

もちょっと、話すと、
やっぱし、ノーラン監督は
「時間をいじってきます」

陸の兵にとっては、1週間の出来事を。
海の人にとっては、1日の出来事を。
空の人にとっては、1時間の出来事を。
同時進行が如く、1時間46分で描かれています。

え?意味わからん?
いや、観ればわかります。

これが、また完璧なラストシーンへと繋がって行きます。

 


(C) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

 

ダメです。
これ以上、話せません!笑

けど、これは女性と観に行っても、
絶対に、いい映画として楽しめるはずです。
だって、タイムサスペンス映画のような設定の戦争映画であり、

生きる希望を謳う映画だから。

 

公開中です!週末、ぜひ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「ダンケルク」

■配給
ワーナー・ブラザース映画

■公式サイト
dunkirk.jp  #ダンケルク

■上映時間
106分

■スタッフ
監督 クリストファー・ノーラン
製作 エマ・トーマス
音楽 ハンス・ジマー

■出演
フィオン・ホワイトヘッド (新人)
ハリー・スタイルズ (ワン・ダイレクション)
ケネス・ブラナー 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』
キリアン・マーフィ 『ダークナイト』シリーズ『インセプション』
マーク・ライランス 『ブリッジ・オブ・スパイ』(オスカー助演男優賞)
トム・ハーディ 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』

■ストーリー
「ダークナイト」「インセプション」
Cノーラン監督が描く実話
史上最大の救出作戦
[究極の臨場感]
[究極のタイムサスペンス]
[究極の映像体験]
息もつかさない99分間!

「ダークナイト」「インセプション」
世界が嫉妬する才能、Cノーラン監督が描く実話
史上最大の救出作戦。
[究極の臨場感]
[究極のタイム・サスペンス]
[究極の映像体験]
陸海空3つの視点から迫る
息もつかさない99分間!
Hスタイルズ、Mライランス、Tハーディほか出演。

生き抜け。

海の町、ダンケルク。
追いつめられた英仏軍40万、撤退を決断。
若き兵士トミーは、絶体絶命の窮地から脱出できるのか!?
民間船もが救助に関わった、史上最大の救出作戦が幕を開ける。

・・・・・・らしいです!!!!

 

 

 

 

testプロフ

おまけ情報

BOND 編集部

記事一覧

BOND GIRL