九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

ロマンスの神様も嫉妬する、「レクサスNX」で行くオトナのカートリップ【長崎へ】 CAR

「manu coffee roasters」

どの乗り物を選ぶかで、旅の印象は変わる。

中でも、クルマで行く旅は、あえて詳細な予定をたてたくない。

そんな自分が、“奔放さ”という旅の醍醐味を堪能するために今回選んだのは、レクサスのクロスオーバーSUV「NX300」。

今年9月にマイナーチェンジし、よりスポーティーにアップデートされた相棒と共にパートナーを迎えに行った。

好きな時間に出発し、好きな道を選び、自由に目的地を目指すことができるのもクルマならでは。

今回のカートリップは、いつものコーヒーショップから始まった。

熱いコーヒーを口にしながら「今日はどこに行くの?」と不安そうな彼女を横目に、

NX300は心地よいエンジン音を響かせながら快適に走る。

 

脊振山の中腹で気になる店を発見し、急きょ立ち寄ることに。

精進料理「むくの木」。

木々に囲まれた庵で、季節の風景と味覚を味わえば、それだけで満たされた気分になるはず。

少し頑固な店主の話も、旅の素敵な思い出となる。

紅葉するかしないか悩んでいる山並を横目に見ながら車を走らせると、山の向こうに海が覗く。

助手席で退屈そうにしていたパートナーもその時ばかりは、パッと顔を輝かせた。

もしかすると、この顔が見たくて、今日はクルマの旅を選択したのかもしれない。


食事の真髄とは、季節を五感でいただくこと・・・
「ただ食べるだけが食事にあらず」と話すのは店主の副島さん。季節の香りを感じ、庭に咲く花を愛で、器の趣に目を向ける。その時季にしかない情報を取り込み、五感で感じるその時間こそが“食事”ということだ。ここでは料理だけでなく、ここにしかない時間と目の前に広がる美しい自然もいっしょに味わってほしい。

山並を抜け、一路長崎へ

佐賀の脊振山、天山、さらには長崎県との県境虚空蔵山を越え、大村湾沿岸へ。美しい山並を抜ければ海というルートは、否応なしにテンションが上がる。この爽快感がドライブの醍醐味だ。隣は少し退屈そうだけど、僕にとっては、至福の時間だ。

 

長崎市街は色とりどりの原色に染まっていた

小腹も空いたので、まずは中華街へ。夕暮れ時に訪れたからか、赤や黄色の提灯で街は染まっていた。角煮まんや春巻きもいいが、ここは「二葉屋」のフルーツ大福をチョイス。季節の果物と餡の相性の良さを味わいながら、少しぶらりと歩いてみた。たまにすれ違う路面電車に、なんとも言えない懐かしさを感じさせられる。

 

ガーデンテラス長崎 ホテル&リゾート

今夜、リザーブしたのは「ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート」。客室は全て目の前に長崎港が広がるオーシャンビューで、大小様々な窓を配置し、そこから見える長崎の風景をまるで一枚の絵画にしたように楽しめる。非日常感あふれるシティーリゾートで、特別な人と特別な時間を。

絶景のホテルでは、全てのシーンがドラマティックになる

終わり良ければ全て良しではないが、旅の終着地はきちんとこだわるべきだと思う。

どこに滞在するかはその人の知識とセンスが問われるのだ。

例えば建築家にこだわるのも面白い。

稲佐山の中腹にある「ガーデンテラス長崎 ホテル&リゾート」は、日本有数の建築家・隈研吾氏がここからの眺望や自然を窓という『額縁』で切り取ることをイメージして建てられたのだそう。

つまりここは長崎を眺める特等席なのだ。

海抜90メートルに立つこのホテルからは、世界新三大夜景に選ばれたきらめく街並みや街の灯りが映り込んだ水面を一望することができる。

もちろんサービスや客室のクオリティも超一流。ここで見るもの、味わうもの、パートナーと共有する時間の全てがドラマティックに演出されている。非日常とはつまりこういうことなのだ。

気ままなカートリップでも目的を決めておくのは重要。

例え特別な一夜が本心でも、美しい夜景を目的とすれば、パートナーも受け入れてくれるはず。

そして車種へのこだわりも忘れてはいけない。

2時間弱を快適に過ごせる空間デザイン、快適な走り、そして目を引くフォルム、そのどれを欠いても今回のカートリップは成功しない。

そういう意味も含め、レクサス「NX300」は期待に応えてくれる一台だ。

美しい夜景と上質な素材を使う鉄板焼きがコラボ

五感を呼び覚ます力強い肉の味わいと香りこそ鉄板焼の醍醐味。

世界新三大夜景の眺望とともに極上の食材を使った熟練シェフの技が光る鉄板焼きを味わうという、まさに贅沢の極みがここにはある。

また、瞬間スモークやエスプーマといった驚きを与えてくれる料理演出もここの魅力の一つ。

長崎港を一望するハーバースイートは、開放感のある空間に贅沢な設えがそこかしこに施されている。

ハリウッドツインのベッドにはきめ細やかなリネン素材のシーツが採用され、音響もBOSE製を使用。

ここで旅の疲れを癒したのか、それとも特別な夜を過ごしたのかはご想像にお任せしたい。

 

 

LEXUS NX300

精度の高さや車両応答性へのこだわりといった、いかにドライバーが滑らかに運転できるかということへの追求が、まるで自分の手足を動かすような自然さを感じられる乗り心地を実現させた。また、スポーティでアグレッシブなフォルムと心地よさを両立した空間設計も魅力。ドライバーズ空間はタイトなコックピットを実現することでクルマとの一体感を高めている。さらにロングドライブでも疲れにくい開放感とくつろぎを、すべての席で体感できるのが特徴的。

[ 仕様・価格 ]価格:4,400,000円~ / 燃費:12.4km/L ~ / サイズ:L 4,640 × W 1,845 × H 1,645(mm) / 直列4気筒 2.0L エンジン+ インタークーラー付ターボ / 6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック)

◼︎manu coffee roasters クジラ店 / 福岡市中央区白金1・18・23 / 092.707.0306

◼︎精進料理 むくの木 / 佐賀県佐賀市三瀬村三瀬403・2 / 0952.56.2368

◼︎ガーデンテラス長崎 ホテル&リゾート/ 長崎県長崎市秋月町2・3 / 095.864.7777 / www.gt-nagasaki.jp

◼︎鉄板焼ダイニング「竹彩」 / ロイヤルテラス3F / 095.864.7733(10:00~21:00)

 

 

 

BOND 編集部

記事一覧

BOND GIRL