九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

ULTRA JAPAN 2017 編集部レポート MUSIC

 今年で4回目となるULTRA JAPANが去る9月16日(土)〜18日(祝・月)にかけて開催された。今年は大型台風18号の直撃という天候に恵まれない状況にもかかわらず、その雨が観客のボルテージを最大値にまで引き上げた初日と2日目に続き、雲ひとつない晴天となった3日目という、あまりにもドラマチックな展開のなか12万人を動員。

 ”過去最高に豪華”という声も多かった今年のラインナップ。MAIN STAGEでは世界の第一線で活躍するALESSOやSTEVE ANGELLO、THE CHAINSMOKERSにSTEVE AOKIらが名を連ね、巨大なステージにド派手な演出はやはり一番の盛り上がりを見せていた。定番となったRESISTANCEでは、ついにULTRA JAPAN初出演となったレジェンドCarl Coxを始め、ディープなハウスやテクノ系アクトがグルーブ感みなぎるプレイを披露した。最終日に至っては、MAIN STAGEでTIESTO、その裏でUNDERWORLDにCarl Coxがプレイするという音楽好きにとっては涙モノの豪華すぎるタイムテーブルが実現。

 そしてやはり注目は今年から新設されたLIVE STAGEだろう。このステージでは、SALUやKOHHといったヒップホップ系アクトから、MIYAVIやCrossfaithらロック勢に加え水曜日のカンパネラも出演。もちろん海外勢もUNDERWORLDにPENDULUM、PORTER ROBINSONにKSHMRなど超大御所から注目のアーティストまでが揃い踏み。今まで「ULTRA=DJイベント」だと思っていた人の常識を覆すような、かつトレンドをしっかりと踏襲した実にバランスの良いラインナップは、ULTRA JAPANの革新的な進化を感じることができた。

 これだけの動員を誇るフェスだけに、JALやTOYOTA、Onitsuka TigerやRUBY、イソジンまで実に多様かつ豪華なスポンサーも名を連ね、VVIPでは各界の著名人や芸能人、実業家など多くの人でごった返す盛況ぶり。この期間中は都内のいくつかのクラブでアフターパーティも行われ、ULTRA JAPANの出演アーティストたちもサプライズで登場するなど、街ぐるみのエンターテインメントとなった3日間だった。

 音楽を楽しむも良し、VIPで豪華に遊んでみるも良し、ドレスアップしてアフターパーティに行くも良し。今年行けなかったBOND読者はぜひ来年、自分なりの楽しみ方で参加してみてはいかがだろうか。

ULTRA JAPAN 2017

■開催日:9/16(土)、9/17(日)、9/18(月)

■会場:TOKYO ODAIBA ULTRA PARK(お台場ULTRA JAPAN特設会場)

■出演者:ALESSO / STEVE ANGELLO / NICKY ROMERO / DEORRO / THE CHAINSMOKERES / HARDWELL / KNIFE PARTY / SLUSHII / NICK MARTIN / TIESTO / STEVE AOKI / KYGO / REZZ / GETTER / ENPIRE OF THE SUN / PORTER ROBINSON / WEDNESDAY CAMPANELLA / CHANMINA / TCHAMI / KSHMR / MONSTER RION / HABANERO POSSE / MOE / UNDERWORLD / PENDULUM / CROSSFAITH / MIYAVI / SETH TROXLER / EATS EVERYTHING / TAKKYU ISHINO / NAOKI SERIZAWA / SASHA l JOHN DIGWEED / NIC FANCIULLI / FUMIYA TANAKA / CARL COX / JOSEPH CAPRIATI / JON RUNDELL / KEN ISHII / SEKITOVA / ALYN and more

■オフィシャルサイト:http://ultrajapan.jp

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL