九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

木村達郎 ラストボンド INTERVIEW

_r6u0078

日本を代表するレジェンドに、これからの「地方」について問うLAST BOND。
今回は新生バスケットリーグ『B.LEAGUE』での活躍が期待される沖縄のプロバスケットチーム『琉球ゴールデンキングス』の木村達郎代表に地方におけるプロスポーツチームの存在意義について伺った。

勝敗以上の魅力があるのがプロスポーツ。

まず伺ったのチーム作りについて。琉球ゴールデンキングス(以下、ゴールデンキングス)はリーグ統合前のbjリーグで全チーム最多となる4回の優勝を果たしている。また、オーディエンスを盛り上げるエンターテインメント性の高い演出も人気で、ホームゲームは満員御礼となることも多い。そんなチームをどのようにして作り上げたのかを伺った。

木村達郎(以下、木村) ハーフタイムの演出などテクニック的な工夫はもちろんなんですが、実はそれよりも大切なのは事業のフィロソフィー。これがないと結局小手先で終わってしまいますから。ゴールデンキングスは「お客様に価値あるものを提供する」という考えを軸に、ここに立ち返りながら事業を展開しています。そのフィロソフィーの中で地元の方から応援をいただいている私たちのようなチームが最も重要だと思うのは“良いチーム”であることなんです。例えばスター選手がいるというのもメリットかもしれませんが、マスメディアが取り上げるスターの存在は地域とのつながりを重視するゴールデンキングスにはそれほど重要ではありません。というのも、スター選手が在籍していることで多くのメディアに取り上げられても、その選手が全国区になるだけで、チームの特徴や魅力は伝わらないんです。それよりもチーム全体の雰囲気が良く、結果を出せば、試合に出ていない選手でも良い仕事をするようになります。そうなれば逆境に打ち勝つチームの姿をお客様に見せられるようになりますので、より支持されるチームとなるでしょう。こういった雰囲気の良さが今、ゴールデンキングスのカルチャーになりつつあります。どんな仕事や会社でも同じで、結局はチームワークが重要なんですよ。

さらに、地方におけるプロスポーツチームの存在意義について、木村代表の考えを伺った。

木村 地方にプロスポーツチームがどんな利点をもたらすのかは正直な所わかりませんが、私たちのチームが地域をリプレゼンできる存在になれればと思います。海外ではチームの勝敗を自分と重ね「We Win」「We Lost」といったりしますが、そのぐらいチームが町の誇りとなっているんです。そうなると勝敗以上の何かを地域の方々にお返しできるようになる。見ている人は身一つで一つのことに打ち込んでいる選手たちに自己投影をします。だから負けも負け方があって、ドラマを感じさせられる負けならその試合も充分価値があると思います。また、そのぐらい魅力がないと、時間を使って会場まで足を運んでくれません。今は移動時間でもスマホ一つで暇つぶしをするような暇のない時代ですから。だからこそリアルな身体性に基づいた体験をここでしてほしいんです。これを実践できているのが(米メジャーリーグの)ニューヨークヤンキースではないでしょうか。ニューヨークは「人種のルツボ」と言われるぐらい、さまざまな人種が暮らしています。そんなニューヨーカーにもヤンキースの帽子をかぶれば「お前もニューヨーカーだ!」と認められるんです。それはヤンキースが人種を超えて、ニューヨーカーとともに育ってきたから。ゴールデンキングスはまだまだできたばかりのチームですが、将来的にそうなりたいですね。

[ きむら・たつろう ]

東京都渋谷区生まれ。2005年よりプロバスケットボールチーム設立活動を主導。その後沖縄でゼロから出資者&支援者を集めながら地元バスケ関係者の支援を得て、プロバスケチーム「琉球ゴールデンキングス」を大塚泰造氏と共に創設。2006年に同チームの代表取締役兼GM(ゼネラル・マネージャー)に就任。初年度は地区最下位に加え倒産危機という二重苦に直面するが、2年目には奇跡的な大躍進を遂げリーグ優勝(2009年5月)を果たす。3年目には球団運営会社を単年度黒字化に転じさせ独立採算を達成。2012年5月には二度目のリーグ優勝により王座に返り咲く。球団運営指針は「沖縄をもっと元気に!」。スポーツの潜在的な可能性を最大限に発揮し、人々と地域社会を活気づけることを常に念頭に活動している。

[琉球ゴールデンキングス ホームページ ]

■ホームページ:https://goldenkings.jp/  

■ 試合会場:沖縄市体育館 / 沖縄市諸見里2・1・1

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL