九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

永松 麗子 インタビュー INTERVIEW

“「美しさ」を引き出してくれるジュエリーが持つ神秘的な力”

人は「美しい」と感じるものに惹かれ、それを手に入れたいと願う。
その象徴となるのがジュエリー。
神秘的で近寄り難さすら感じるジュエリーを身近なものに・・・
という思いからジュエリーデザイナーとなった永松麗子氏に、
ジュエリーと「美」について伺ってみた。

ーまず、永松さんがジュエリーのどこに魅力を感じているかを教えて下さい。

永松麗子(以下、永松) そうですね、ジュエリーの魅力はやはり、輝きと神秘性ではないでしょうか。あの輝きが何千年、何万年もの時を経て創られたと考えると、ジュエリーとの出会いがとても貴重なものに感じます。私は学生の頃からそんなジュエリーが好きで、それが高じてジュエリーデザイナーになったんですよ(笑)。

ージュエリーは「美しさ」を象徴するものの一つだと思うのですが、人が美しくなるためにはどんな要素が必要だと考えられていますか。

永松 女性と男性では「美しさ」の捉え方が少し違いますね。まず女性は「美しさ」ですが、女性が外見を着飾ることでその「美しさ」を謳歌します。そして、その「美しさ」を楽しむことで、内面的な美しさに変換することができるのです。また美味しい食事をしたり、美しい女友達にあって刺激をうけることも「美しさ」の栄養となるのではないでしょうか。私はいつも「美しさの秘訣は美しくなることを楽しむこと」と話しています。一方で男性の美しさは内面から外見へと変換されると思います。男性の美しさは心の「余裕」が重要な要素。若く瑞々しい美しさももちろんありますが、女性が惹き付けられる男性的な「美」はブラックダイヤをサラッと着こなすような余裕をはらんだ空気感のことを指しているのです。

ージュエリーはそんな「美しさ」を表現出来るアイテムの一つということですが、身に付けるのに少し抵抗がある人も多いのではないでしょうか?

永松 そうですね。日本は和服文化だったせいもあるからでしょうか。そのセンスはまだ成熟していないと言えるのかもしれません。例えば福やバッグはブランドものの高価なものでそろえているのに、ジュエリーはイミテーションなんてこともよく見かけます。ですが、ジュエリーもファッションの一部。やはり、服や小物んいグレードを合わせていただきたいですね。そうすることで、装いの完成度が格段にアップします。今まで貴重なものだからと避けていた人も、宝石は美しくなれる最強のアイテムであることを知り、チャレンジして欲しいです。本物だけが持つパワーを借りなくては...、使わないともったいない(笑)。宝石を使いこなすことは知的で自由な楽しみとなりますよ。そして、その醍醐味も感じてほしいです。

ー現在永松さんがプロデュースしているのは「Jewel GLAMOUR」「jewel GLAMOUR homme」「gigi」の3ラインありあすが、今後新たな展開はありますか?

永松 昨年から動いているのは「jewel GLAMOUR homme」とメンズ雑誌のコラボですね。これまではメンズはハイエンドなものを打ち出してきましたが、この企画ではシルバー等を使ったカジュアルでリーズナブルなものを提案しています。他にも、私もずっとしたいと考えていた美容関係のお話も伺っていますので、近い将来発表できるかもしれませんね。これからもジュエリーに絞られず、さまざまなジャンルで「美しさ」を追求したいと思います。(BOND FUKUOKA 01掲載分)

[ 永松 麗子・ながまつ れいこ ]
Diamondeyes Studio Co.,Ltd. 代表取締役社長
広告代理店ディレクターを務めていたが、好きが高じてジュエリーデザイナーになる。1999年に福岡で「jewel GLAMOUR」を設立し、繊細でモード感の漂うデザインのアイテムを展開。その後、メンズラインを展開する「jewel GLAMOUR homme」、デイリーユースなジュエリーを提案する「gigi」など装いの異なるジュエリーラインも提案している。一方で2003年より東京麻布を拠点に活動したのをきっかけに、そのライフスタイルやファッションセンスなどが様々なメディアに取り上げられる。現在は本業であるジュエリーのみならず、その審美眼を活かし、その他のファッションアイテムや香りのグッズにも着手。地震のブログやメディアを通じて、常に「キレイ」をテーマにしたクリエイトを発信し続けている。

[ 永松麗子のGlamourous Life ]
http://glamourouslife71.blog.fc2.com/

[ jewel GLAMOUR ]
http://www.age.ne.jp/x/glamour/

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL