九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

所ジョージ インタビュー INTERVIEW

表紙

楽しいも幸せも本人次第。俺はなんでも面白いもん。
ぶつけたって面白いんだから。

所ジョージとは何者なのか。どんな番組でも存在感はあるのに誰も邪魔しない、あの独特な雰囲気。彼はコメンテイターなのか。それとも卓越したセンスでお茶の間に笑顔を振りまく彼はコメディアンなのか。はたまた、自身でレーベルを立ち上げ、今年6月には自主レーベル3枚目のアルバムをリリースした彼はミュージシャンなのか。そこんとこを所ジョージ本人に伺ってみた。

——まずは音楽の事から伺います。第一・二弾アルバムを驚異の700円で販売されたジャムクラッカーレコードですが、それは売れる・売れないではなく、自分が残したいもの残すというコンセプトで曲を出しているからなんですね。

所 そうなんですよ。この前、700円でやったんですがあんまり反応がなかったから、次はアルバムの通常価格の半額で出そうかと。その辺は適当なんですよ。そんなにそれで暮らそうとは思っていないですからね。そこに暮らしが乗っかっていたらもう少しちゃんとやっているとも思います。

——とても身近な日常を歌っているのも所作品の特徴ですね。

所 まぁ特殊音楽だよね。ロック、フォーク、それらを含めた日本の歌謡界は、聴く人の共感を得るもの、聴く人の喜びや悲しみといった心情が震えるみたいな、そんな歌を提供している。それが芸能界だと思うんですよ。でもウチが描いているのは俺一人のできごとなんです。だから感動を共有できない。せいぜい「そんなこともあるのかなー」ぐらいですよ、ウチの曲は。だけどそれをカッコイイと思っているから仕方がない。誰かに「そうだろ?」って共感を求めているんじゃなくて、俺はこうなんだよってことを発表したいだけなんで。誰か同じようなことをしていればこういうジャンルももう少し広がると思うんだけど、誰もしていないからね。あえて言えば芸能界や歌謡界は全部敵。

——敵……ですか?(笑)

所 そう。芸能界って山は、俺の山じゃなくて敵なの。こんなのが流行っているんだ、こんなのがみんなに支持されてるんだ、ふーん。コノヤロウ!みたいな(笑)。バラエティもやってるんだけど、その中で自分の歌を披露したいという気持ちはない。あそこは芸能界だから。芸能界は(自分にとって)いろんなものをリサーチする場所。自分の番組の間で自分の曲を……みたいなこともできるんだけど、音楽はそれとは違う別の山を作っているんですよ。

——そこが所さんの魅力です。多くの芸能界にいる人は、やはり、人が共感する自分を保とうとしているように思います。

所 保とうとしている……というより彼らはそれができる人たちなんですよ。俺はコレしかできないの。芸能界的な歌を作ろうとしてもそれができない。例えば「季節が巡ってきて、君と僕で地球を回す……」って書けばいいのかもしれないけど、それはもう筆が進まないっていうのかな。それはもう芸能界・歌謡界の人にやってもらって、ウチはそれ以外のパーツで作りますよって感じです。

——今までお話を聞いて、私の所さんに対する印象は「ミュージシャン」なんですが……

所 ミュージシャン……じゃないよね(笑)。だって今からギターやってください!っていわれてもできないもん。例えば以前『所さんの世田谷ベース』(BSフジ)で2コードで「スタンド バイ ミー」を弾くという企画をやったけど、今それをやれって言われてもできない。先日、高見沢(THE ALFEE)がここにきて、ウチのギターを見てたんだけど、彼はミュージシャンだから、人のギターも上手に弾くんですよ。でも俺は、カラオケバーでギターがあっても弾けない。そのギターによほどの思い入れがないと弾く気にならないし持つ気にもならない。というのも、持っている楽器に刺激を受けて曲を作るから。このギターでこういう曲を作りたい!って感じで。車なんかと感覚はいっしょで、例えばたまの休日はスポーツカーに乗りたいとか、山に行くなら四駆に乗りたいみたいなのがあるでしょ。対して険しい道もないのに。ギターもいっしょで、このギターだからこんな感じの曲みたいってなるの。でないと大切なギター一本じゃ曲作りも限界がありますよ。それじゃ興奮がないから。なんでもいいんですよ。充電器を買い換えるでもいいし、ネックをしょう油に漬けてみてもいいんです。滴れてきたしょう油が刺激になって新しい曲が生まれるかもしれませんから。そういう意味ではみんな恵まれてるんですよ。誰にも邪魔されない環境で作れるんですから。でもそんなとこでやってるから「あんなもの」……もう、「あんなもの」って言っちゃうよ俺は(笑)。「あんなもの」で終わっちゃうんだよ。俺はアルバム一つ作るにしても全部刺激的じゃなきゃイヤなの。アルバム12曲のうち、これ1曲がいいなんてものがあったら、だったら12曲全部その曲のほうが助かるわ。リピートしなくていいんだから。みんな曲数なんかにも縛られちゃっているから、ピンとこないものができちゃうんだよ。

——『JAM CRACKER 3』のライブとかは?

所 あ、前のアルバムの曲は俺できないもん。今やっているので夢中だから。前作った曲のリフなんて全然覚えてないし。だから、とにかく今作っている曲を録音したいんですよ。安心するから。もうやんなくてもCDがあるんだからって。録音するまでは一所懸命覚えているけど、出来上がっちゃうと忘れちゃう。だから、ライブもできないよねー(笑)。坂崎(THE ALFEE)なんかが、自分たちが全部準備するからライブしましょうって言ってくれんだけど、もうそこまでしなくていいよぉ、みたいになっちゃうんですよ。なんなんだろうね。

[ ところ・じょーじ ]

1955年生まれ。1977年に『ギャンブル狂騒曲 / 組曲冬の情景』でキャニオンレコードよりシンガーソングライターとしてデビュー。同年、ニッポン放送『オールナイトニッポン』のパーソナリティーに抜擢され、本格的にタレント業に進出する。1979年にテレビ東京『ドバドバ大爆弾』で司会を務め一躍有名に。その後も数々のバラエティ番組やCMなどに出演、多方面で活躍し、国民的タレントとして不動の地位を築く。また、黒澤明監督作品『まあだだよ』での好演やTBS『私は貝になりたい』では主演を果たすなど、役者としても活躍。ほかにも、作家、ゲームクリエイター、発明家、漫画家など活躍の場は多岐に渡る。また、2014年8月に自身のレーベル「Jam Cracer RECORD」を設立。今年6月24日には第三弾CD「JAM CRACKER MUSIC 3」がリリースされた。ちなみに取材した『世田谷ベース』は、所ジョージさんの仕事場兼遊び場。

CD

GEORGE TOKORO NEW ALBUM

JAM CRACKER MUSIC 3

自主レーベル第三弾アルバムが早くも登場。自主レーベル「Jam Cracker Record」から3枚目のアルバム『JAM CRACKER MUSIC 3』がリリースされた。時にシニカルに、時にストレートに日々の悲喜こもごもを歌った、ユーモアと愛情あふれる作品となっている。また、今回も13曲+ブックレットで1,620円と驚きの価格。この夏の“所節”にハマってみてはいかが。

Jam Cracker Record / JCRC-0003 ¥1,620 (TAX IN)

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL