九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

戸次 香織 インタビュー INTERVIEW

“目の前のミッションで結果を出すこと。それが起業への道標となる。”

——まずは、起業のきっかけを教えてください。

戸次香織(以下、戸次) 以前在籍していた大村(美容専門学校)の一つの事業として、美容アイテムの開発・販売のセクションを立ち上げたのがきっかけです。立ち上げ当初は、この事業で不振だった経営を支えることを目的にしていたのですが、いざ始めてみるとシュミレーションよりも少し上手くいったんですよ。それを受けて事業化をしたのが、今の会社なんです。美容のノウハウを活かした商品を提供しているのも、そういう経緯があったんです。ただ私は当時、会社を自分で起こそうという気持ちはありませんでしたし、経営者という立場に対して興味も持っていませんでした。そのため、本当は自分は現場の指揮を取るポジションで、社長は別の方にと思っていました。しかし、プロジェクトのリーダーをしていたのと、(大村美容専門学校の)当時の理事長の勧めもあって……。

——考えもしなかった社長に「なろう」と決意する要因は何だったのでしょうか?

戸次 社長の話が来た頃、商業施設への出品やさまざまな商談が動いていて、自分たちが1年間かけて作り上げたプロジェクトの芽がようやく出始めたときだったんです。だから「このプロジェクトをぜったい成功させたい!」という想いが、社長になるという決断に繋がったのだと思います。今思うと、やはりプロジェクトに対する責任感やそれまで関わってくれた人たちの想いをムダにしたくないとその時は考えていましたね。

——女性の進出が目覚ましい昨今も、経営者はやはり男性が多いのが現状。そんな男性のビジネスリーダーを見て、何か違いを感じることはありますか?

戸次 私は起業したいという志があったわけではないので、志を持って起業された方が多い男性の社長を見ると、自分が経営者として「自覚が足りない」と感じます。社長をするのに必要な心構えみたいなものが、そういった社長たちとお会いすることで、自分は後から付いているんだなと。特に考えさせられるのが、フカンで物事を見る力についてですね。私はプロジェクトを積み重ねながら気がつけば社長になった感がありますから、全体を把握して行動というのがまだ得意ではないみたいです(笑)。本来持っていなければいけない社長としてのノウハウは、今、さまざまなプロジェクトと共に走りながら学んでいるところですね。

——これから起業を考えているビジネスパーソンに、起業のヒントがあれば教えて下さい。

戸次 まずは目の前にあるミッションをやり遂げるべきだと思います。それをクリアしたとき、必ず次のステージが見えますから。起業に悩む方の多くは、起業のための準備や大義名分などといった動機付けの部分を重視しがちで、なかなか前に進めていないように思えます。それも大切なことですが、結果を出し続けた先に起業というステージに行き着く。そんなパターンも考えられると思うんですよ。よくビジネス本に「大きな目標を立てて……」とか「5年後を考えて……」と書いていますが、私の起業パターンはそれに合致しません(笑)。ただ、案件ごとの目標に対する執着はかなり強いです。案件の結果で、それに関係した物事が目指していたものに近づいているかを重視しています。自分への評価は、結果の上で他の人がするものですからね。私は、結果を出すことで社長としてのさらなるステージを目指しています。

——経営者になって人とのつながりに対する考え方は変わりましたか?

戸次 そうですね。経営者になってお会いする人のタイプも変わりましたし、いろんな方と会える機会も増えたので、変わってきていると思います。私たちが今日まで会社を運営できるのは、いろんな方に助けられたから。会社を運営するにあたって、まずお金と考えてしまいますが……もちろんそういった側面があると分かった上で、やはり人とのつながりが最も大切だと伝えたいですね。 — 東京進出の誘いも多くあったと思いますが、現在も福岡を拠点にされています。何か理由はありますか?戸次 実は事業を始めたときは、東京の代理店さんといっしょにプロモーションなどをしたんです。それが功を奏したのか、「ツヤグラ」という名前はすぐに全国区になりました。しかし、その分弊害も多かったんですよ。そんな時に手を差し伸べてくれたのが福岡の取引先の方。福岡ではお金や肩書きがなくても、皆さん温かく接してくれるんですよ。そういった経緯もあって、福岡は私の「ホーム」ですね。(BOND FUKUOKA 03掲載分)

[ 戸次 香織・とつぐ かおり ]
1973年の山笠追山(7月15日)の日に生まれる。福岡大学経済学部を卒業後、化粧品メーカーに勤務。その後リクルート、大村美容専門学校を経て、株式会社プレムを起業。株式会社プレムのメインアイテムの一つ、ヘアアイロン「ツヤグラマラス」の発案から製品化までを手がける。また、今年2月に発表した某TV番組とのコラボアイテム「ぶるツヤ」は、放送終了後即完売という快挙を成した。

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL