九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

BOND TEXT:中村 貞裕 ISSUE 1 LIFE

タグ:

「5年後の日本は想像できても、5年後の自分は想像できない。」

Print

——飲食業界における日本初の仕掛け人で、行列店を次々と生み出す時代の寵児の一人、トランジットジェネラルオフィス 代表・中村貞裕氏。彼はどのようなアンテナを張り、何を目指して世界を代表する人気店を日本に持ち込んでいるのだろうか。

僕が今、「日本初」のは、単にその店が人気があるからという理由じゃないんです。海外で見たかっこいいライフスタイルのワンシーンをカルチャーにしたいんですよ。例えば「bills」にしてもそうで、ニューヨーカーがブレックファーストを食べているシーンって「素敵!」って思うじゃないですか。ニューヨークはそういう風景がカルチャーの一つになっているので、日本にも根付かせたいと思うわけです。こんな風に話すと時代の最先端を走っている風に思われがちですが、0.5歩先ぐらいですよ、僕が進んでいるのは。時代をどう見ているのかと聞かれますが実は結構単純で、日本人が大好きな馴染みのある国や街にマーケティングを集中させています。例えばニューヨークやパリ、ロンドンといった白人文化が色濃い街は外せませんね。それに加えて、北欧や台湾などの雑誌やTVでよく目にする国は注目しています。そういう場所にはマーケティングと旅行を兼ねて足を運びます。現地を見ることでその時に仕事が生まれなくても、旬の時期に「現地に詳しい人」というブランディングができますからね。現地に行った時はそこでメチャクチャ流行っているものは当然チェックします。お店のピックアップは行列ができている、売り切れしているなどがキーワード。それと自分が美味しいと思ったものです。美味しいものには小難しい説明は入りませんからね。あとは現地に流行に詳しい人を見つけることも大切。僕も雑誌を読んだりして気になる都市の情報収集はしますが、やはり限界がありますから。だから、現地に詳しい人の話や自分で足を運んだ時に気付いた「良いもの」をプラスして次に日本に持って来たいものを考えています。ちなみに僕はインドの大行列店を日本で流行させる自信はありません。というのもそこは恐らく日本人の「お馴染み」ではありませんからね。

東京オリンピックの開催が決まった今、一番注目しているのは日本にはないインターナショナルフードの文化。特にメキシカンのカルチャーはこれから10年かけて、日本に根付かせたいと思っています。またニューヨークやロンドンにもあって遜色ないレベルのグローバルスタンダードな店を東京で発信したいんです。というのもニューヨークはアメリカの都市だけどアメリカらしいというよりニューヨークらしいという表現がしっくりきます。東京も日本の都市だけど日本的ではありません。なんというか、ロンドン・ニューヨーク・東京みたいな並びにしたいなと。だから、今東京に足りないものを積極的に仕掛けていきたいんです。これが「夢」といえばそうなんですが、「夢」というよりもやらなきゃいけないこと……という感じ。僕は実現可能なもので頭がいっぱいになっちゃうんです。それが3年ぐらい先まで限界。だから「5年後、何をしていますか?」と聞かれても想像できなくて。例えば、10年前は「bills」をしていることを想像もしていませんでした。僕らの仕事は3年も経つと新しいことになっちゃいますから。

僕が仕事で大切にしているのは「良い縁」「良い運」「良いセンス」と「情熱」。僕は自分ではわりと飄々としていると思っていたんですが、実は内なる「情熱」が後押ししてくれていることに気づいて。だから最近は、縁を大切にして、センスを磨いて、運を育て、情熱を注ぐ。それをスピーディーに行えば大概のことは上手くいくと思います。つまり、コツコツするしかないんですよね。

[ 中村  貞裕]

トランジットジェネラルオフィス 代表

1971年東京生まれ。慶応大学卒業後、伊勢丹を経て2001年にトランジットジェネラルオフィスを設立。ホテル「CLASKA」シェアオフィス「the SOHO」、カフェ「Sign」レストラン「bills」、チョコレートショップ「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」など多数の施設やカフェ、レストランを手がける他、アパレルブランドと組んだ飲食事業も展開。2015年春に、台湾人気ナンバー1かき氷「アイスモンスター」、オーストラリア発のプレミアム・メキシカンファイーストフード「グズマン イー ゴメス」、死ぬまでに行きたいNYのペイストリーショップ「ドミニクアンセルベーカリー」を表参道原宿にオープン。常に話題のスポットを生み出すヒットメーカーとして注目を浴びている。グループ会社にイベント&ケータリング、コミュニケーションプランニング、人材紹介、プロパティマネジメント会社など。「中村貞裕式 ミーハー仕事術」が絶賛発売中。 トランジットジェネラルオフィス [ http://www.transit-web.com/

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL