九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

BOND TEXT:本田 直之 ISSUE 1 LIFE

タグ:

「地方で生活するなら、『ナイスな人』じゃないとダメなんだよ。」

Print

——東京とハワイを拠点に、現在レバレッジマネジメントのアドバイスを行う本田直之氏。日本におけるノマドライフのパイオニア的な存在の彼に憧れを持つビジネスマンも少なくない。そんな本田氏に、実際、都会から離れて仕事をしたいと思う人に必要なものは何かということを伺ってみた。

2012年に発刊した『ノマドライフ』から始まり、『LESS IS MORE』、『あたらしい働き方』を書いて、ハワイと東京を往復するリアルライフを過ごすうちに、なんとなく思ってきた方向に世の中の流れが向かってきたわけ。そんな流れを書いたのが今回の作品で、過去の3作品と新作を合わせた4部作になっている。 『ノマドライフ』では、ハワイと東京のデュアルライフをもとに場所に縛られない、解放された働き方・生き方について書き、『LESS IS MORE』では「物質至上主義」から「精神的なもの」や「幸福」を追及する時代の変化を北欧でのインタビューをもとに描き、『あたらしい働き方』では自由でハッピーでクリエイティブな新しい働き方をできる会社を日米のベンチャーへの取材をもとに書いた。それを経て、今の新しい働き方っていうのは、会社員の人もいろんな働き方ができるようになってる。だから、フリーの人や起業家だけでなく会社員ももっと自由に生きてほしいと思ったわけ。だから俺は、そろそろ自由なライフスタイルを実行して良いんじゃないのってことを新作で書いたんだ。実際に働く場所と住む場所を切り離した人たちの例を参考にしながら、どうやったら実現できるのか、どういう人が向いているのか、どういうエリアが良いのか、何のためにやるのかとか、ということを一冊にまとめて。

この本では、どこでも仕事ができるこの時代、仕事をする場所と住む場所を切り離し、自分の好きなライフスタイルバリューが高い場所に住もうと書いているの。みんな、移住したらそこの企業に入らなきゃいけないって思うから「仕事がない!」ってなるんだけど、テクノロジーの進化のおかげで地方に住んで東京の仕事ができる時代になったからね。今回の新作でターゲットにしているのは、自分のスタイルを持っていてライフスタイルを豊かなものにするために住む場所やお金、人間関係をアクティブに作ることができる人。依存型の人はこの本を読んでも何にも起こらないと思う。移住っていうのは生き方だから、住む場所も明確にイメージできていないとダメ。だから逆に言えばそういうイメージを持っている人にとってはとても良い時代になったんじゃないかな。ちょっとした勇気があればチャンスもたくさんあるわけだし。

地方での移住生活は東京とは全然違う。工夫しなきゃいけないし、自分で努力できない人はむしろ(前からそこに住んでいる人たちに)迷惑になっちゃう。だから自由なライフスタイルを求める人は『ナイスな人』じゃないとダメ。福岡や宮崎、高知なんかも人のつながりがとても強い。例えば俺みたいな変なやつが来たら、みんな紹介してくれるじゃん。で、そいつが「ナイスなヤツ」だとつながりが広がっていく。これって実はこれからの社会なんじゃないかな。昨年から話題になっている「Airbnb」や「UBER」もそうで、あれはゲストがホストを評価するけどその逆もある。ゲスト側も低く評価されると次にそのサービスが受け辛くなってしまうというシステムなわけ。これは各地域のコミュニティが元々持っていた在り方で、それが完全に評価性になっただけ。地方のコミュニティではそれが人の評判として明確化されちゃう。そうやって地方のコミュニティは「ナイスなヤツ」を生み出してきたんだと思う。日本でも地方を劇的に活性化させる「ナイスなヤツ」が増えてほしいよね。

[ 本田 直之 ]

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO

日米のベンチャー企業への投資育成事業を行いながら、ハワイ、東京に拠点を構え、年の半分をハワイ、3ヶ月を日本、2ヶ月をヨーロッパ、1ヶ月をオセアニア・アジア等の国を旅をつづけ、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。これまで訪れた国は50ヶ国を超える。著書は累計250万部を突破し、韓国・台湾・中国で翻訳版も発売。サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)、明治大学商学部産業経営学科卒、社団法人日本ソムリエ協会認定ワインアドバイサー、アカデミー・デュ・ヴァン講師、明治大学・上智大学非常勤講師。

BOND OFFICIAL
BOND OFFICIAL

記事一覧

BOND GIRL