九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

”なりたい私”を演じる『Acting』~正しい姿勢~ LIFE

今回は姿勢についてお話していきます。
何をするにもこの姿勢が大きく関わってきますので、まずは基本をしっかり。

姿勢がいい人は、自信がある・しっかりしている・仕事が出来そうなどの印象があります。逆に姿勢が悪い人は、自信がなさそう・疲れている・仕事の効率が悪そうなどのマイナスな印象があります。

日本人に多い猫背はどうでしょう。
猫背は、自信がなさそう・弱々しい・暗い・寂しい・落ち込んでいるなどの印象を相手に与えてしまいます。

皆さんは「姿勢を正なさい」と言われることはありませんか?

“姿勢を正す”とは“正しい姿勢をする”ことです。

一般的には『胸を張るといい』『背筋をしっかり伸ばせばいい』と考えると思います。
ですが、ただ胸を張るだけだけだと、威張っているように見えている可能性があります。そして、もともとS字型になっている背骨に負担がかかり、反り腰で腰痛持ちになりかねません。

 

 

“正しい姿勢”とは、体にとって負担の少ない姿勢です。
正しい姿勢で立っている時と、間違った姿勢で立っている時では体への負担は大きく違います。では“正しい姿勢”はどうするといいのでしょうか?

まずはひざ立ちをしてみてください。
ひざ立ちは筋肉ではなく、骨で体重を支える状態になるので、簡単に正しい姿勢を作ることができます。これで無理なく正しい姿勢を実感出来るはずです。

立っている際の正しい姿勢を作る方法は“壁立ち”です。壁に背中をつけて立ち、1;頭、2:肩(肩甲骨)、3:お尻、4:ふくらはぎ(靴を履いている時はつきません)、5:かかと、をつけます。
そしてS字型の部分は手の平が1枚入る程度です。ヒザがくっつかない肩はできるだけヒザ同士がくっつくように内側に力を入れます。

この姿勢を1日1分行なうだけでも正しい姿勢を実感できるようになりますよ。

竹内 アン
竹内 アン

記事一覧

BOND GIRL