九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

九州・沖縄発 一流のオトナを諦めないあなたに贈るフリーマガジン変革をあきらめないオトナたちへ BOND

ライブのMC LIFE

BOND沖縄を作らせて頂いたつながりで昨年モンゴル800主催の野外フェス

「What a Wondrful World 13-14」にご招待して頂いた。

IMG_3331

編集部:YASUNAGAさん

豪華すぎるゲストに、沖縄の海沿いでの開催ということで、改めて沖縄が好きになった。

そこで、各アーティストがライブを行う中で、それぞれのバンドが曲の合間にちょっとしたトークを披露。

軽快なトークで会場を爆笑させていた、マキシマムザホルモン。

透き通った声で何を喋っても切なく聞こえる小田和正。

僕のもっと憧れるMCフレーズ「怪我しないように遊んでいって」と兄貴感をみせてくれたken yokoyama。

そんな中もっとも意外だったのはBRAHMANのTOSHI-LOWさん。(女優のRYOさんの夫)

BRAHMANは、30代の私にとってスターのような存在。寡黙で男臭く、喧嘩が強そう(実際強い)

そんなイメージだったTOSHI-LOWさんがライブの途中でMCを。

ステージを降りて客席の最前線で、数人のお客さんに話すように、1万人以上のお客さんに10分以上も語りかける。

結構、喋るんだ!(ファンの方すみません)という衝撃とともに、謎の政治家がペラペラと演説をするようなものではなく、

本気で気持ちを伝えようとする姿が、非常に心打たれるものがあった。

10代の頃に憧れたロックスターも同じように歳を重ね、今でも強烈なメッセージを発している。

やっぱりいくつになっても、ロックスターはかっこいい。

 

 

Y太郎
Y太郎

記事一覧

BOND GIRL